美容のための食事2

体の中から美容を考える

トップ / 体の中から美容を考える

美容のために玄米を食べてみよう

20代の頃はそんなに美容について気にしなくても、肌はピチピチすべすべだったのが、30代を越える頃から女性は女性ホルモンの減少などでバランスを崩しがちです。そんな時、メイクやエステに行って、一時的にきれいになったつもりになるのもよいかもしれませんが、体の内面からきれいになりたいと思いませんか?つまり食事によって、体の中から、特に腸からきれいにしていきましょう。腸年齢は肌年齢と言われているほど、腸は美容に関係があるのです。腸をきれいにする食べ物として、玄米が代表的です。玄米には、ミネラルやさまざまなビタミンがバランスよく入っていることで有名ですが、さらに食物繊維もたくさん含んでいるので、腸をきれいに掃除してくれるんですよ。そのおかげで、肌もツルピカになるんですよ。ぜひトライしてみてください。

この果物はなんでしょう?

玄米の栄養素と美容効果

食物繊維やビタミン、カルシウムを多く含む玄米は老廃物排出作用に優れ、美肌や痩身などの美容効果が高い食材のひとつです。ぬかや胚芽を削っていないため常食をする事でアンチエイジングやデトックス効果が見込めます。マクロビ食の一環として人気が高まり、最近では柔らかめで食べやすい発芽玄米も開発されました。注意しなければならないのは酸性食品であるため、野菜を多く食べ合わせて栄養のバランスをとる事が必要です。またぬかの成分がついたままなので、美容のためであれば、できるだけ有害物質をためないよう減農薬のものを選びましょう。

美容モニターに関する情報

© 美容モニターになるために. All rights reserved.